2008年08月26日

SNS「frepa」の閉鎖を聞いたついでに「mixi」と「GREE」のユーザー属性などをチェックしてみた

SNSオープン化で薄れる付加価値--ライブドア、「frepa」を11月に閉鎖:ニュース - CNET Japan
 ライブドアは8月25日、同社が運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「frepa」の提供を、2008年11月25日をもって終了することを発表した。

 frepaは2005年1月17日に「livedoor フレンドパーク」としてベータ版を開始した。当初は参加者から招待されないとログインできない招待制だったが、同年11月に正式サービスとなったタイミングで登録制に移行した。

 ライブドアによれば、現在の会員数は約96万人。サービス終了の理由は2つあるという。好調なブログサービス「livedoor Blog」の強化を進めるにあたっての選択と集中という社内事情と、mixiがOpenIDを導入するなど、今後SNSのオープン化が進展するなかで、自社SNSの付加価値にこだわる必然性が薄れてきたというものだ。



ふむふむ

このブログのfeedを日記として表示させるサイトとして、『frepa』に登録してたんですが、閉鎖ですか、そうですか。

会員数・96万人であれば、コミュニティサイトとしては結構なボリュームですが、「選択と集中」ということなんですね。


で、日本語SNSの牽引車たる『mixi』と『GREE』のユーザー属性について、表面的にわかる範囲で世代構成などリサーチしてみたので掲載しておきます。

ユーザー検索の機能を使って安易に取得したデータですから、シリアスに受け取ってはいけないことを注記しておきます。


mixi vs GREE 会員の世代構成 ← クリックで拡大画像

mixiユーザーの世代構成

mixiの20代が見事に突出。

18禁なのに10代以下がこれだけいるなんて、洒落が利いてる?


GREEユーザーの世代構成

2006年にau by KDDIと提携』して、ケータイ=若年層にターゲティングしたGREEの10代が、提携以降に激増したのであれば興味深い。

そんなGREEには、オープン当初から参画したであろう『NIFTY-Serve』世代と思われる40代が結構多い点がいとおかし。(IT系のオッサン達?)


mixiは性別も検索できたので掲載しておきますが、見事に50%となりました。

mixiユーザーの男女比


だから何?と聞かれてしまえば答えはありませんのであしからず。


せっかくですから、ここ最近のSNS・CGM関連ニュースを掲載して終わりに致します。

mixi、友人発見機能「あなたの友人かも?」を提供:ニュース - CNET Japan 2008/08/25
ミクシィは8月25日、同社が運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」で、友人を見つけやすくする機能「あなたの友人かも?」を公開した。

 あなたの友人かも?は、インディーズ機能として公開している「おすすめマイミクシィ」を一部改善したもの。mixi内でつながっている友人(マイミクシィ)の友人の中から、知り合いの可能性が高いユーザーを独自の解析方法で分析して表示する。共通のマイミクシィも表示することで、該当のユーザーが誰であるかを推測しやすくしたという。

 なお、あなたの友人かも?は、携帯電話版サービス「mixiモバイル」でも提供される。


今日、この機能を使ってとある方にマイミク申請してみた。


mixi OpenID発表24時間で対応サービスリリース | 近江商人JINBLOG 2008/08/22
サービスの中身自体は従来同社が持っていたコミュニティCMSをベースにしているようで取り立てて騒ぐほどのものではないですが、とにかくこのスピード感が素晴らしいですね。リンク:MixGroup


「frepa」閉鎖のトリガーになった(?)、OpenIDによるサードパーティ事例ですね。


携帯電話での利用率はモバゲーがmixiを上回る、認知度は同じ:ITpro 2008/08/22
 ネットエイジアが実施した携帯電話でのコンテンツ利用に関する調査によると,SNSサイト「mixi」と携帯電話向け総合ポータルサイト「モバゲータウン」の認知率はともに86.7%だが、実際に携帯電話で利用している人はmixiが25.5%、モバゲータウンが30.0%だった。

 mixiのモバイルユーザーが最も多い年齢層は20代で、34.8%が利用している。特に、20―24歳に限るとその割合は45.3%に上昇する。10代は25.8%、30代は17.7%だった。

 モバゲータウンは10代に最も人気が高く、利用率は42.3%。20代では30.3%、30代では23.4%だった。


モバゲーでは、自己紹介欄にこのブログのURLを載せたら削除されました。^^;


日本のSNSのユーザビリティを悪く (良く) しているポイント――フォレスターの調査結果より | Web担当者Forum 2008/08/20
フォレスターが今年第二四半期(4〜6月)に行った調査“Asia Pacific Technographics Survey, Q2 2008”によると、日本人の18歳から24歳のインターネット利用者の約60%がソーシャルネットワーキングサイト(SNS)を訪れており、約40%が実際に自分のプロファイルを掲載しています。

以下のグラフを見ると、若い世代ほどソーシャルメディアにアクセスしていることがわかるでしょう。


PCサイトよりケータイサイトの方が、ユーザビリティがよいそうです。


メディア・パブ: Facebookが世界市場で独走の勢い,海外SNS市場で急拡大 2008/08/13
 Facebookが世界のSNS市場で首位の座をがっちり確保し始めている。

 comScoreの調査データによると,Facebookの世界における2008年6月の月間ユニークビジター数が1億3200万人に達し,前年同期比153%増の爆発的な成長を示した。1年前にFacebookの2倍以上のユニークビジター数を誇っていたMySpaceを完全に追い抜き,世界市場で独走態勢に入ったのかもしれない。


Facebook、登録してても放置してる。


GREE会員数が600万人を突破--独自ゲーム開発に注力:モバイルチャンネル - CNET Japan 2008/08/11
 グリーは、8月9日に会員数が600万人を突破したと発表した。

 同社によると、現在1日あたりおよそ1万3000人以上のペースで会員が増えているという。独自開発した釣りゲーム「釣り★スタ」や、ペット育成ゲーム「踊り子 クリノッペ」など、ソーシャルネットワーク(SNS)機能と連携したゲームが人気を集めているのが主な要因とのことだ。



SNSなどの普及で電子メール・マーケティングの効果低下:ITpro 2008/08/05
 米JupiterResearchは米国時間2008年8月4日,電子メール・マーケティングの効果に関する調査結果を発表した。それによると,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やテキスト・メッセージ,インスタント・メッセージング(IM),携帯電話などを主な通信手段とする利用者が増えた結果,電子メール・マーケティングの効果が低下していることが分かった。実際,電子メール・ユーザーの22%が,友人との連絡手段に電子メールよりもSNSを利用することが多くなったという。


確かに、メールソフトを起動するより、SNS内部のメッセージ機能の方がコンタクトしやすい人はいるかもです。


Life is beautiful: MySpace/Facebookがなぜ日本で成功しないか 2008/08/04
 TechCrunchの「SNSの世界進出ーなぜMySpaceとFacebookは日本でだめなのか」は、私が最近強く感じていることと通じることもあり、いろいろと考えされられた(英文でのレスポンスはここ)。

 私と増井君が作ったBig Canvasは、米国法人であり、その最初の商品PhotoShareはAppleのApp Storeを通じて世界同時リリースをした(UIは英語と日本語のみサポート、ただし投稿はどんな言語でも可能)。その意味では、特定の国のユーザーに特化したつもりは全くない。ただ、既に600万人いるiPhone 2Gユーザーを考えれば、SNSとして成り立つに最低限必要な数千人のユーザーを確保するには米国でがんばらねばならないとは強く認識していた。


ガラパゴス文化ここにあり!でしょうか?


2007年モバイルビジネス市場が1兆円規模に急成長--総務省調査:モバイルチャンネル - CNET Japan 2008/07/23
 総務省がこのほどまとめた「モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査」で、2007年におけるモバイルビジネス市場の動向が明らかになった。

 同調査は総務省の委託を受けた、モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)が実施。調査の結果、2007年のモバイルビジネス市場は1兆1464億円となり、前年比で23%の増加となった。そのうち、モバイルコンテンツ市場は4233億円(前年比16%増)、モバイルコマース市場は7231億円(前年比29%増)と算出され、特にコマース市場の伸びが目立った。



TechCrunch Japanese アーカイブ » mixi―純然たる日本ローカルのSNSの成功を分析する 2008/07/21
日本最大のSNSは2004年2月に同名の会社からローンチしたmixiだ。
mixiは日本のウェブサイトユーザーの5人に1人が訪問しており、登録メンバーは現在1500万人を誇っている。Alexa Japanによると、mixiのトラフィックは日本で6位、月間ページビューは140億。Google Trendsでウェブサイトの人気を比較してみると、mixiは純然たる日本国内向けのサービスであるにもかかわらず、全世界ベースではBeboよりも多くのトラフィックを集めている。(ユニーク訪問者数は1日平均230万人。下のグラフ参照)



mixiユーザーが1500万人突破、今後は開発者向けプラットフォームに注力:ニュース - CNET Japan 2008/07/14
 ミクシィは7月14日、同社の運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」のユーザー数が7月13日に1500万人を超えたことを発表した。

 これを受けて同社代表取締役社長の笠原健治氏は、mixiがコミュニケーションインフラとして、多くの人々の生活に深く関わるサービスとなってきたことを示しているのではないか、とコメントした。

 今後については、「サードパーティーが、『mixi』の中で自由にアプリケーションを構築・運営できるようなプラットフォームを構築することで、引き続きユーザー数の拡大を目指していきたい」とした。



アクティブなブログは全体の2割弱--総務省がブログの実態調査:マーケティング - CNET Japan 2008/07/03
 総務省の情報通信政策研究所は7月2日、「ブログの実態に関する調査研究」の結果を公表した。

 調査の結果、2008年1月時点でインターネット上に公開されている国内のブログ総数は約1690万件。このうち1カ月に1回以上更新されているアクティブなブログは2割弱が相当するが、さらにその約12%が検索エンジンからのアクセスを増やすため、キーワードを大量に埋め込むことで広告誘導を行う「スパムブログ」であることがわかった。



ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方
ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方滑川 海彦

おすすめ平均
starsWeb2.0本
starsとても参考になりました。
starsこれで遅れを取り戻せる
starsすばらしい
stars最近のウェブ周りの出来事を網羅的に紹介

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
Gmail、RSS、Wikipedia、YouTube、Amazon and more…エンタテインメントからビジネスまでウェブで社会の仕組み激変中!「これだけは知っておきたい」ノウハウ満載。
■目次:
1章 新しいWebワールドへようこそ
2章 とうとう世界が変わり始めた
3章 すべてのソーシャルWebのインフラ―Google
4章 情報共有系サービス
5章 人間交流系サービス
6章 情報発信系サービス
7章 グーテンベルク以来のメディア革命が進行中
■内容紹介
いまやウェブの主役は「人」。ウェブは人と人をつなぐソーシャル・メディアに進化中です。mixiなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)が話題になり、ブログ人口は朝日新聞の発行部数を超えます。ソーシャルなウェブを形成するインフラは、Google検索エンジン、RSS配信、Gmail、Google
Docsなどのオンラインアプリケーション、はてな、YouTubeなどの共有サービス、オープン百科事典Wikipediaなどです。Web2.0ともラベリングされる、こういうネットサービスをさくさく使いこなす能力が必須の社会になってきました。新しいWeb世界の地図を示し、サービスの使いこなしも指南する現代人必読の一冊。

posted by 課長007 at 15:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - SNS「frepa」の閉鎖を聞いたついでに「mixi」と「GREE」のユーザー属性などをチェックしてみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105454063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録