2008年07月27日

ネットワークビジネスとは

mixiの[マーケティング]コミュに立ったトピックに、例によってKYコメントしてきたので備忘ログ

[mixi] マーケティング | ネットワークビジネスについて教えてください
課長007

BtoC: 直販・通販
BtoBtoC: 卸・小売り
BtoCtoC: 訪販、レベニューシェア
CtoC: バイラル・クチコミ、MLM、アフィリエイト

以前、社内勉強会でこんな分類したことがあります

CtoCは商品ありきではなく、チャネルたるヒトのネットワークありき
そのネットワーク=販売力が強固だと、メーカーが「うちのも扱ってくれませんか?」と言い寄ってくる

これなんか、新刊を献本されるアルファなんとかみたいですね :-p

そんなMLMのベースにあるMGMで「顧客が顧客を連れてくる」ことは「お友達紹介キャンペーン」で一般化しているし、歴史的には、広大な国土に多大なコストを掛けて流通網を構築できないからこそ生まれたモデルで、アメリカ、オーストラリアからBRICsに拡大中

高度なネットワークは、途上国で1円ぐらいで卸される商品を輸入して、100円ショップのようなとこで捌いてると聞いたことがあり、派生的に盛り上がったのがFXなどの外為

こうなると彼らは、商社マンとか為替ディーラーと呼ばれてしまうんですかね



マルチ商法やネズミ講と言われる負の部分に関するコメントが多かったので、できるだけマーケティングっぽいコメントしてみたら自分の中でも整理できてよかったです。


ネットワークビジネス - Wikipedia
ネットワークビジネスとは、次のいずれかである。

連鎖販売取引のこと。この用法が多い。人脈を活用して行なう販売商法である事から。
連鎖販売取引は、「ネットワークビジネス」をはじめとして、マルチ商法、ネットワークマーケティング、MLM、マルチ・レベル・マーケティングなどの別称で呼ばれることが多い。これは、主宰する企業により連鎖販売取引がネットワークビジネスをはじめとする様々な別称で呼ばれるためであり、消費者にとって非常にわかり難い状況になっている。

インターネットを利用したビジネスのこと。


連鎖販売取引 - Wikipedia
連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第33条で定義される、販売形態(業態)をいう。アメリカでは"Multi-level marketing"(マルチレベルマーケティング)あるいは"network marketing"(ネットワークマーケティング)と呼ばれ、日本では一般的に「マルチ商法,ネットワークビジネス,ネットワーク・ビジネス」などと呼ばれることが多い。

連鎖販売取引と無限連鎖講は双方とも適用する法律が異なってはいるが、「連鎖販売取引」の商材の価値が価格と大きくかけ離れているような場合は、形式的には「連鎖販売取引」のようであっても、無限連鎖講と判断されることがある(無限連鎖講については「無限連鎖講の防止に関する法律」参照)。


ネズミ講 - Wikipedia
ネズミ講(ねずみこう)とは、次のいずれかの意味である。

犯罪である無限連鎖講のこと。(本来はこの意味で使う。)

不十分な理解から、(違法である)無限連鎖講・(特商法を守る限りは違法ではない)連鎖販売取引・(マルチまがい商法などの)それらに類似したものの総称として用いる場合がある。(この意味は少数派。連鎖販売取引に対する侮蔑的な意味を含んでいることが多い。)

まれに、マルチ商法・マルチまがい商法などを侮蔑して(意図的に)用いることがある。



関連してそうな過去記事:

ミクシィ 儲ける で検索した結果 2007年05月05日

正直者は“MGM”で着実に稼いでおけ 2006年12月20日

メンバーゲットメンバーの成功事例 2006年06月12日


急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫 ク 2-1)
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1) (SB文庫 ク 2-1)高橋 啓

ソフトバンククリエイティブ 2007-06-23
売り上げランキング : 531

おすすめ平均 star
star「バイラルマーケティング」の原理・原則本。ぶっちゃけマストバイです!
star予想に反して科学的

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
ヒットを作るには、膨大な予算が必要―というわけではありません。小さな変化が大きな結果を生むのです。本書は流行現象を口コミによる感染ととらえ、そのメカニズムを説き明かします。「少数者の法則」「粘りの要素」「背景の力」は、マーケティングに興味を持つ人には、必須の知識。先見性あふれる『ティッピング・ポイント』、待望の文庫化。

目次:
はじめに ティッピング・ポイントとは何か?
第1章 爆発的感染、その3原則―ティッピング・ポイントへ至る指針
第2章 「80対20の法則」から「少数者の法則」へ・原則1―感染をスタートさせる特別な人々
第3章 粘りの要素・原則2―情報を記憶に残すための、単純かつ決定的な工夫
第4章 背景の力・原則3―人の性格に感染する背景
第5章 「150の法則」という背景―人の行動に感染する効果的な集団の規模
第6章 商品はどのようにして感染するのか?・Case study1―エアウォーク社の販売戦略から学ぶこと
第7章 自殺と禁煙・Case study2―ティーンエイジャーの感染的行動の謎を探る
第8章 ティッピング・ポイントを押せば世界は傾く―焦点をしぼること、実験すること、そして信念を持つこと
■内容紹介
ちょっとした違いが、なだれ現象を生む!
YouTube、iPod、Nintendo DS……なぜヒットは爆発的に起こるのか? その答えのヒントをくれるのが本書の考え方。流行現象をウイルスによる感染と見なし、その仕組みを解き明かす。全米で200万部を突破した、マーケティング本の古典的名著の文庫化である。



posted by 課長007 at 17:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ネットワークビジネスとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。