2008年07月03日

日経[号外]3日

うーん
株安に続いて円高なんかが進んだら、相当イタい事態になりそうですね


日経平均、54年ぶり11日続落
 3日の東京株式市場で日経平均株価は11日続落。1954年4月28日から15日間連続して下落して以来、54年ぶりの続落記録となった。大引けは前日比20円97銭(0.16%)安の1万3265円40銭だった。原油先物相場の上昇基調継続や米株式相場の先安観の強まりなどを背景に、持ち高を減らす売りが優勢だった。〔NQN〕


[緊急改訂] 知られていない原油価格高騰の謎
[緊急改訂] 知られていない原油価格高騰の謎芥田 知至

技術評論社 2008-05-28
売り上げランキング : 55898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
無関心では、すまされない石油気になる大疑問―そもそも「原油価格」は誰がどう決めているの? (KAWADE夢文庫 787) 最新石油業界の動向とカラクリがよ~くわかる本―業界人、就職、転職に役立つ情報満載 (How-nual図解入門業界研究) 世界を動かす原油のことが面白いほどわかる本 石油がわかれば世界が読める (朝日新書 107) 石油を読む 第2版―地政学的発想を超えて (日経文庫 A 52)

■BOOKデータベースより
原油価格から見える世界経済の疑問。価格が高騰する要因はいったい何なのか?世界経済・日本経済に与える影響は?その背景の世界情勢を読み解くことで、その謎の核心に迫る。2008年の最新情報を元にした待望の改訂版。
■目次:
第1章 急騰した原油価格
第2章 原油を生産する国
第3章 原油の輸入国
第4章 原油市場
第5章 世界景気失速懸念とオイルマネーの奔流
第6章 将来の原油価格は上がる?下がる?
■内容紹介
連日報道される原油価格高騰のニュース。今後も高値が続くと予測されるため、今まで以上に生活への影響が懸念される。原油価格は、イラク情勢の不安定化や中国のエネルギー消費量の増加など、政治的要因で変動し続ける。2006年の旧版発売以降の急激な原油価格高騰の原因には、ドルの為替相場下落という大きな問題も加わっている。本書、緊急改訂版ではこれらについてデータをそろえ、さらなる分析を行った。投機資金なども鋭くウォッチしてきた著者のさらなる分析で原油価格の謎が解明される。



posted by 課長007 at 15:32 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]3日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。