2008年06月29日

価格.comって水道橋にあるの?

JR水道橋駅から『後楽園の黄色いビル』に向かう橋の脇で、競馬帰りの人並みの中、場違いなネット企業のロゴを見つけてしまいました。
株式会社カカクコム 水道橋駅前オフィス


今日の競馬は宝塚記念でしたか?
後楽園黄色いビル
後楽園黄色いビル


雨の中、一際浮いてる東京ドームホテル
東京ドームホテル


東京ドームホテルの『チャペル
東京ドームホテルのチャペル


価格.COM 賢者の買い物 カカクコムの起承発展
価格.COM 賢者の買い物 カカクコムの起承発展久保田 正志

日刊スポーツ出版社 2007-11-30
売り上げランキング : 20950

おすすめ平均 star
star今時のネットベンチャーに通じる創業期
star企業は変化し続けなければならないもの
star”今だから・・”が満載でした!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
1997年5月、一人の若者が自室でインターネットサイト「¥COREPRICE¥」を立ち上げた。パソコンの販売価格を調べ、掲載するホームページだった。個人が運営するサイトは、やがて有限会社になり、株式会社となり、東証1部に上場する一流企業に成長していく。さらに発展を続ける「カカクコム」10年間の真実が今、解き明かされる。
■目次:
第1章 創業
第2章 発展
第3章 邂逅
第4章 展開
第5章 攻勢
第6章 上場
第7章 結束
第8章 再生
第9章 未来
■出版社/著者からの内容紹介
(株)カカクコムの全面協力で実現した「価格.com」10年間の成長の軌跡です。創業者の槙野光昭氏が語るサイト開設から発展への秘話、2代目社長時代の東証一部上場までの内幕、現社長が語るこれからの価格.comとカカクコム。そして、この会社を支える、芯になっている社員たちのスピリッツを感じていただきたい。
■出版社からのコメント
価格.comの10年間を振り返るというテーマで始めた企画です。「やっぱり、創業者の話は聞きたいですね」とカカクコム広報にお願いしたいところ、「もう海外に行ってるみたいですから、メールなどでのやり取りになるとおもいます」という回答でした。すると、広報もビックリしたような「取材OKです」の返答。ライターの熱意のこもった企画趣意書、質問事項に心打たれたことと、たまたま日本に帰っていた幸運が重なりました。取材に応じてくれた槙野さんは気さくに当時を振り返ってくれました。話しているウチにいろんなことを思い出すようで、掲載できなかった部分も含め、「無」から「有」を生む力を感じました。二代目社長の穐田氏には思い出させたくないことまで無理矢理に思い出させてしまいました。申し訳ないと思いながらも、取材者側として「伝えたい」気持ちを押し通してしまいました。そして、田中社長を含めた社員のみなさんのカカクコムスピリッツも存分に感じることができました。感謝の気持ちで一杯です。
■カバーの折り返し
「当時、友達につけられたあだ名が『もやしクリック』っていうんです。部屋にこもっているから真っ白で、パソコンに向かってクリックばっかりしていたから」−創業者・槇野光昭
1997年5月、一人の若者が自室でインターネットサイト「\COREPRICE\」を立ち上げた。パソコンの販売価格を調べ、掲載するホームページだった。個人が運営するサイトは、やがて有限会社になり、株式会社となり、東証1部に上場する一流企業に成長していく。さらに発展を続ける「カカクコム」10年間の真実が今、解き明かされる。



posted by 課長007 at 22:55 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 価格.comって水道橋にあるの?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。