2008年06月27日

メリットとデメリット 略してメリデメー

いつかあのサイコロ、振ってみたいと思いませんか?:-p


今、JR埼京線に乗ってるんですが、

痴漢の多発する悪名高きこの埼京線に、女性専用車両が設けられたのはいつ頃でしたっけ?


1両目、すなわち一番南側の車両が女性専用なわけですが、

新宿や渋谷のホームの位置を考えると、メインの改札口から最も遠い位置ってことですか?


ムゴい!
新宿や新宿の埼京線ホームはそれでなくても南側にずれてるのに、さらにそこから一番遠い車両だなんて

いや、痴漢にあわないメリットを考えれば、その程度のデメリットは大したトレードオフではない

しかも、歩く距離が増えるってことは現代人の運動不足解消にもってこいだし、ダイエットに励む女性からは感謝されるかもしれないぞ?

さらに、ホームを歩く距離が長くなるってことは時間もかかるわけで、その分一本前の電車に乗るようにすれば、早起きはサーモン、いや三文の得ってことになるじゃないか!


こんな議論が交わされたかは定かではありませんが、競合比較資料作成の脳トレにはなったかな…?



で、そもそもなんですが、
埼京線の痴漢って減ったんでしょうか?

(;´д`)


なぜ女は男をみると痴漢だと思うのか なぜ男は女の不快感がわからないのか―痴漢大論争!
なぜ女は男をみると痴漢だと思うのか なぜ男は女の不快感がわからないのか―痴漢大論争!蔦森 樹

ビーケイシー 2003-06
売り上げランキング : 597082

おすすめ平均 star
starちょっと議論が大雑把だが、事態を俯瞰するには好適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
問題は、満員電車?自意識過剰女?ポルノ?それとも…。バンザイ通勤と女性専用車両で、解決するのだろうか。
■目次:
対談 ある日突然、痴漢えん罪被害者になって―なぜ僕たちは救われないのか、女性たちも救われないうえに
第1章 痴漢!間違えられたとき―緊急対処と裁判闘争
第2章 痴漢!遭ったとき―させない工夫と自分を守る基礎知識
第3章 黙認することの加害性とは?―大切な人をサポートしたい
第4章 ポルノは性犯罪を誘発!?嫌ポルノ権
「痴漢」という行為と性の自己決定権について―強者でもなく、被害者でもなく
■MARCデータベースより
問題は満員電車? 自意識過剰女? それとも…。バンザイ通勤と女性専用車両で痴漢問題は解決するのか。「痴漢とは何か」という議論から始め、痴漢と冤罪、警察・司法制度、男女のセクシュアリティなどについて考察する。
出版社 鷹野原 美奈, 2003/06/25
真面目に「痴漢」を論じた、はじめての本
「痴漢」。
女性であれば、不愉快な思いのひとつやふたつはしているもの。声も出せなくなるような決定的な痴漢行為はもちろんのこと、決定的ではないけれど、どうも怪しい、電車の混雑を利用して、どさくさまぎれに触られた。という判断のつかない行為だってある。
 一方で、痴漢について男性の受け止め方は冷ややかだ。ちょっとぐらい触られたって騒がないでほしい、なんて言う人もいる。
例えば、痴漢えん罪がマスコミで取り上げられるとき、“貶める女と貶められる男”という対立構図で語られることもあった。だけど、女と男が対立していても物事は好転しないだろう。
私たちは、なによりも、まずは「痴漢」について論議することが必要ではないか。
そのために本書は、立場の異なる人たち………男から女へとトランスジェンダーを生きる作家蔦森樹、実名で痴漢えん罪を闘う会社員長崎満、痴漢えん罪被害や電車の中のポルノ問題を追うジャーナリスト池上正樹、フェミニズムの新旗手北原みのり、女性専用車両のきっかけをつくった活動をしている石橋英子が問題提起した。
真面目に「痴漢」を論じた、はじめての本である。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石橋 英子
痴漢犯罪NO!鉄道利用者の会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 09:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - メリットとデメリット 略してメリデメー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。