2008年06月22日

Google vs Amazon Webトラフィック調査で激突!?

ネット業界人やマーケターの皆さんは、Webサイトのトラフィック調査や競合比較などに『Alexa』を使っている人が多いんじゃないかと思いますが、競合サービス『Google Trends』のシェアが一気に高まりそうな様相です。


TechCrunch Japanese アーカイブ » Googleがトラフィック統計参入、Compete、Alexa、Comscore、Quantcast(間もなくFirefox)に対抗
グーグルが先ほど公開した「Google Trends For Websites」はWeb中のサイトのトラフィック情報が覗き見できる新ツール。この新機能の投入でグーグルは、トラフィック情報分野のエスタブリッシュメントのCompete、Comscore、Alexaといった主要プレーヤーほか数多くの企業と競合関係となる。

こうしたサービスはどこも、非常に重大な弱点を抱えている。モニタする対象のサイト上では直接トラフィックが測定できないということである(コードを埋め込んで正確な読み取りができるサイトもあるが、これが機能するのはオプトインした[コードを埋めた]サイトだけである)。結果、トラフィック情報はかなり不正確なものに陥ってしまいがち。

それがグーグルは…グーグルだけはWebの広範な領域から本当に正確なトラフィック情報を集め提供するパワーを持っている。同社は何年も前からサイトのトラフィック状況をモニタできるGoogle Analyticsという人気のツールを出している。今年は、各サイトでも自分のトラフィック情報をアグリゲートして匿名スタイルで共有可能にすることを明らかにした。ただし誰でも見れる一般公開のかたちで情報を発行させるところまではいかなかった。

今回新登場の「Google Trends for Websites」でも、やはりそれは許していない。自分たちのAnalyticsデータという金の鉱脈を掘り返す代わりにTrendsでは;



Google Trendsに新機能――サイトのトラフィック傾向をグラフで表示 - ITmedia News
 米Googleは6月20日、検索トレンド分析ツール「Google Trends」に、Webサイトへのトラフィックの傾向をグラフで表示する新機能「Google Trends for Websites」を追加した。Google Trendsでは各キーワードの検索動向データを確認できるが、今回の新機能追加により、Webサイトについてのトレンド情報も入手可能になった。

 Google Trends画面で好きなWebサイトのURLを入力すると、そのサイトの1日当たりのユニーク訪問者数の推移が、グラフで表示される。同時に、国や地域別でのユニーク訪問者数ランキングや訪問者がほかに閲覧したWebサイト、検索したキーワードのランキングも表示。対象データは、画面右側のプルダウンメニューで、国・地域や期間で絞り込める。複数のWebサイトを同時に指定すればサイト同士の訪問者数比較も可能。比較できるサイト数は最大5サイトとなっている。



守勢に立つ老舗、Alexaとは、

アレクサ・インターネット - Wikipedia
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(Alexa から転送)

Alexa Internet(アレクサ インターネット)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くインターネット関連企業。1996年に設立され、1999年にAmazon.comの傘下となった。

事業内容は、ウェブ巡回技術を使ってウェブサイト情報や利用状況に関するデータを集め、ウェブサイトがどれだけの人に見られているかを調査すること。alexa.comでは、ドメインのアクセス量(トラフィック)や訪問者数、1回の訪問あたりの閲覧ページ数などを表示できる。また、Alexa InternetはWayback Machineのデータ提供元でもある。

1997年にAlexa Toolbarを発表。これをインストールすると、Internet Explorerでウェブサイトを閲覧した際にその訪問情報がAlexa Internetに送信される。Netscape NavigatorやInternet Explorerの関連ページ機能の核として採用されたことで膨大なトラフィックデータを収集しだしたが、アンチスパイソフトウェアの中にはこれをスパイウェアとみなして削除するものもある。



Google Trendsで、[Google Trends]を調べてみた
Google Trendsで、[Google Trends]を調べてみた


Alexaで、google.co.jpとamazon.co.jpを比較してみた。
Alexaで、GoogleとAmazonを比較してみた


両社ともにあくまでもサイトの外側から見た時の参考値であり、サイト内部に計測の仕掛けを施した結果ではないはずなので、本気で調べようと思ったら専門企業の手を借りるしかないんですが。


大手家電メーカーサイト、利用者減も利用時間は増加中--ネットレイティングス調査 - CNET Venture View
 ネットレイティングスは6月10日、産業別のインターネットアクセスレポートの提供を開始した。第1弾として発表されたのは「家電業界Webレポート」および「旅行業界Webレポート」だ。

 家電業界Webレポートによると、家電・エレクトロニクスカテゴリの2008年4月度の利用者数はインターネット利用者全体の57%と半数以上を占めるものの、年間利用者数の推移に変動はあまり見られないという。メーカーサイト別の利用者数をみると、松下電器産業が前年同月比7.6%増、ソニーが同1.1%増となったが、三菱電機は同32.0%減、東芝が同26.4%減、シャープが同15.6%減、日立製作所が同9.4%減、パイオニアが同4.8%減と厳しい状態になっている。



それでも、↓こんな風にちょっとした調べ物するには充分だったり

メディア・パブ: 新聞社/雑誌社サイトのトラフィック,Google Trendsの新機能で比べてみる
 Google TrendsでWebサイトのトラフィックを見ることができるようになった。

 Google Trends for Websitesが,どの程度,信憑性の高いデータか示すかかどうかは,正直なところ分からない。とりあえず,新聞社サイトと雑誌社サイトでどのような結果が出るかを調べて見た。

 最初は,国内の新聞社サイトを調べて見た。1日あたりのユニークビジター数を時間推移で比べることができる。



自社サイトのアクセスログ解析だけでなく、競合サイトのトラフィック調査がビジネスになる時代になってきたということでしょうか。


アクセス解析 徹底活用術 ~ネットで売上を増やす!~
アクセス解析 徹底活用術 ~ネットで売上を増やす!~池上 正夫

毎日コミュニケーションズ 2008-02-23
売り上げランキング : 93544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Web2.0 実践ネットマーケティング ~Webの徹底活用で企業の売上は驚くほど伸びる~ ネット広告の効果を100%確実に上げ続けるために―広告効果測定のポイント (宣伝会議Business Books) (宣伝会議Business Books) Web Analytics: An Hour a Day Webサイトプランニングブック (WSe Books # 6) (WSe Books # 6) 検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 増補改訂版

■BOOKデータベースより
現在、様々なアクセス解析ツールが普及していますが、せっかく解析ツールを導入しても、マーケティングに活用しきれていない企業が多いのが現実です。目的に合った最適な解析ツールをどのようにして選ぶべきか、またアクセスログ解析データをどのように活かせばよいのか。本書は、成果を出すための実践的な手法と、その事例を紹介しています。
■目次:
プロローグ
1 アクセスログ解析で分かること
2 アクセスログ解析の仕組みとツールの比較
3 アクセスログ解析ツールを選ぶ前に整理しておくべきこと
4 アクセスログ解析の活用事例―BtoBサイト
5 アクセスログ解析の活用事例―BtoCサイト
付録
■内容紹介
ネットを通じたオンライン購入が増加を続けているだけでなく、商品購入前の情報をインターネットで調べる習慣が当たり前になっている現在、企業の売上にとってWebサイトの重要性は高まるばかりです。サイトを最大限に活用して売上増を図るには、アクセス解析ツールを用いて、サイトへの来訪者の数、属性、行動パターンなどを把握した上で、得られたデータに基づき有効なマーケティング対策を実行していく作業が必要です。
ところが現実には、アクセス解析ツールを導入している企業自体が少ないのです。しかも、たとえ導入していたとしても、ページビュー数の数字を眺めて一喜一憂しているだけということも多く、これでは、せっかくのアクセス解析ツールも宝の持ち腐れです。しかし、逆に言えば、アクセス解析ツールをマーケティングに有効活用できれば、ライバルである他社を引き離す大きなチャンスとなります。
従来のアクセス解析に関する書籍は、全体として技術的な話に偏っていたり、アクセス解析ツールの使用マニュアル的な内容が多い印象があります。アクセス解析をいかに実際のマーケティング施策に結びつけるかという、ビジネスに直結した実践的な情報は意外と少ないようです。
本書の2名の著者は、ネットビジネスに関する豊富なコンサルティング経験を通じて、様々な企業でのアクセス解析の活用実態に精通しています。読者は本書によって、アクセス解析をマーケティングにいかに活用すれば成果を上げられるかについて、大きな示唆を得ることができるでしょう。
■著者について
池上 正夫(いけがみ まさお)
ネットビジネスコンサルタント。株式会社日立情報システムズにてWebマーケティングを推進中。1977年、東京工業大学社会工学科卒業、日本ビジネスコンサルタント(現在の日立情報システムズ)に入社。官公庁、民間企業への情報システム営業を担当。1995年、インターネット事業推進本部にてインターネットビジネス担当。2004年からWebマーケティングに専念し、一般企業でのWebマーケティング実施のコンサルティングを行っている。著書に「Web2.0実践ネットマーケティング」(共著、2007年発行)がある。
上島 千鶴(かみじま ちづる)
株式会社Nexal代表取締役社長。1996年、東京電機大学経営工学科卒業、東証一部上場のITサービス企業にて新規事業の立ち上げや、米国企業の技術を日本の事業展開に組み込む事業企画に専念。2004年、米国・アクセス解析ツールベンダーにて日本営業統括ディレクターを務め、2年弱で100件近くの導入実績を達成する。2007年、株式会社Nexalを設立。ビジネスプロセスの視点から、ネット×リアルモデルを最大限発揮するためのサイト戦略、サイトKPI構築、サイト効果検証の専門コンサルティングを提供中。

posted by 課長007 at 13:52 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - Google vs Amazon Webトラフィック調査で激突!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。