2008年06月22日

ドコモ2.1? コアビジネスの基盤強化とは

山手線で紛失しながら、奇跡的にカムバックしてくれたわたしのケータイ、ドコモP903iですが、

P906iにいくか、ドコモブランドのiPhone(?)にいくか

はたまた、mixi日記で教えてもらった「奇数の法則」で、907シリーズを待つか…

ドコモ2.1?


iPhoneの投入は「可能性を検討」、個人向けBlackBerryも「鋭意検討」――ドコモ株主総会 - ITmedia +D モバイル
6月20日、NTTドコモが株主総会を開催した。議長を務めたのは、同日をもって社長を退任する中村維夫氏。株主からは、株価低迷のてこ入れ策やiPhone、BlackBerryなどの端末投入、企業価値向上のための具体的な施策などの説明を求める声が相次いだ。

今後の課題として掲げるのは「コアビジネスの基盤強化による競争力の向上」「新たな価値創造による収益の拡大」「コスト削減・効率化への取り組み」の3点

iPhoneの投入、個人向けのBlackBerry販売は「検討中」
 ドコモも販売交渉を進めていたAppleのiPhoneが、ソフトバンクモバイルから発売されると決まったことを受け、株主からは交渉が決裂した理由を知りたいという質問がとんだ。辻村氏は、iPhoneの魅力の1つとしてタッチパネルを採用したUIを挙げ、ドコモとしてすでに「PRADA Phone by LG」や「SH906i」といったタッチパネル対応の端末を投入していると説明。「(両端末の投入で)十分に市場のニーズに対応していけると考えており、(対応端末の数を)増やしていきたい」とした。iPhoneに関する交渉については、Appleとの秘密保持契約を交わしていることから、「その内容については話せない」としながらも、市場における動向については十分に注視し、「ドコモからの発売の可能性についても引き続き検討したい」と意欲を見せた。



確か、906シリーズの売りは「動画」、その自社コンテンツがコレですかね?

ドコモ、「ムスメドコモダケ結婚」で動画配信
 NTTドコモは、同社キャラクターの「ドコモダケ」の一員のムスメドコモダケが結婚することを明らかにした。同社ではiモードサイトで結婚に至るまでのショートムービーを配信している。配信サイトには、公式メニューの「お知らせ」→「ドコモダケ」からアクセスできる。



iPhoneへの執着にはユーザーとして素直に乗れないところがありますが、回線の高速化で動画がサクサク閲覧できるようになると、やっぱり大きな画面が欲しくなるのかなぁ・・


スマートフォン「ブラックベリー」 個人向け8月販売 ドコモ、法人と両面戦略 :モバイルチャンネル - CNET Japan
 NTTドコモが、世界的に人気の高いカナダ・リサーチ・イン・モーション(RIM)製スマートフォン(パソコン機能を備えた携帯電話)「ブラックベリー」=写真=を、8月から日本の個人ユーザー向けに販売することが18日わかった。ブラックベリーはビジネス仕様のため、ドコモはこれまで法人顧客に限って供給してきたが、市場拡大を背景に個人、法人の両需要に向けて販路を広げる。



iPhone&ドコモ関連記事:
あれだけMac買ったのに…(泣)


2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実 (知られざる通信戦争の真実)
2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実 (知られざる通信戦争の真実)日経コミュニケーション

おすすめ平均
stars現在の通信業界の課題
stars巨人NTTの内情
stars裏事情は非常に興味深い
stars2006年の通信業界のレポート的一冊
starsいろいろな立場から取材・議論されています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
改革に乗り出した総務省の狙いはどこにあるのか。KDDIとソフトバンクはどう戦うのか。通信大再編のカウントダウンが始まった。
■目次:
序章 NTTののどに刺さった骨
第1章 竹中懇談会が突き付けた組織解体の刃
第2章 利害調整の立場を降りた総務省の決意
第3章 時代の変化に巨体を持て余すNTT
第4章 「オープンな次世代網」構築までの茨の道
第5章 NTTの対抗馬として問われるKDDIの覚悟
第6章 総合通信事業者に転身したソフトバンクの野望
終章 二〇一〇年に向けて通信業界が進む道
■MARCデータベースより
通信大再編のカウントダウンが始まった! 改革に乗り出した総務省の狙いはどこにあるのか? KDDIとソフトバンクはどう戦うのか? NTTの将来のあり方や、2010年に向けて通信業界が進む道を探る。
■商品の説明
2010年 NTT解体
NTTは、IT業界にも影響力を増しつつある。次世代ネットワーク(NGN)に移行すれば、同グループの通信回線を利用したアプリケーション・サービス事業に、本格進出してくる可能性があるからだ。なぜNTTがNGNにこだわり、周囲から「NTTの解体も必要」と反発を受けるのか。本書は当時の竹中平蔵総務相や総務省幹部、NTT幹部への取材を通して浮き彫りにする。情報システムを構築するうえでますます重要となるNGNとNTT。この動向を読み解くのに最適な一冊だ。(日経コンピュータ 2007/02/19 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)



posted by 課長007 at 11:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ドコモ2.1? コアビジネスの基盤強化とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。