2008年06月20日

モテるサイトは右ナビゲーション?

通勤時にケータイから『はてな』に入り、そこで見つけた情報にアクセスすると「ケータイ用に変換してます」とやってくれるので重宝してます。

「このサイトは変換が許可されてません」とかだと、ある意味潔いと感じてまだましなんですが、

変換してアクセスさせてくれるのに、最初の1ページ目はPCからアクセスした時の左ナビのメニューが並ぶだけ、下手すりゃ2ページに渡ってメニューがつらつらと並ぶサイトがあります。

そりゃ萎えますよ…(哀)

タイトルに惹かれた情報への興味・関心まで消えてしまうことはまずありませんけど。

そしてわたしの頭にはそれらのサイトが記憶され、次の機会にはてなの一覧に並んだタイトルの下に記載されたURLを見て、アクセスするのをあきらめてしまうのです。

これ、ネット上ではそこそこ歴史のあるITニュース系のサイトで、特に顕著な傾向のように思います。

そこいくと、新参者のブログサイトだったりWeb2.0世代のサイトなんかは、見事に一発で読みたいページが表示されます。


外部のサービス使ってRSS配信したりして、サイトの訪問者やPVを稼ぐ手段を施してたり、社内の要求をさばきながら苦労されてるWebマスターさんにはホント頭が下がりますが(元、同士)

ユーザビリティとかアクセシビリティの入り口で、せっかくの認知・流入経路を自ら閉ざしてしまうこのケース、

まだまだレアケースなんだとは思いつつも、自戒を込めて備忘ログしときます。


やぺっ!

かつての職場で立ち上げたマーケティングサイトも左ナビだった!


Webプロフェッショナルのための黄金則 Webマーケティング/広告戦略のセオリー SEO・ソーシャルメディアやブログからメール・アフィリエイト・PPC・コミュニティのビジネス活用 (Web Designing BOOKS)
Webプロフェッショナルのための黄金則 Webマーケティング/広告戦略のセオリー SEO・ソーシャルメディアやブログからメール・アフィリエイト・PPC・コミュニティのビジネス活用 (Web Designing BOOKS)住 太陽 森本 眞吾

毎日コミュニケーションズ 2008-06-14
売り上げランキング : 668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書 ペルソナ作って、それからどうするの? ユーザー中心デザインで作るWebサイト ネット広告の効果を100%確実に上げ続けるために―広告効果測定のポイント (宣伝会議Business Books) (宣伝会議Business Books) グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書 349) なぜ、ネットでしかヒットは生まれないのか

■BOOKデータベースより
目次:
1 長期的な成功のためのマーケティング戦略(SEO/SEMバトルに勝つには
オンライン記事を活用する
ブログのビジネス活用
ソーシャルメディアにおけるネットワーク形成
より広範囲なマスメディアへの配信)
2 自分のビジネスに最適化された広告戦略(メールマガジンによるキャンペーン
アフィリエイトの力を最大限活用する
PPC広告の効果を最大化する
コンテクスト(文脈)広告を使ったリーチ
ショッピングコミュニティをターゲットにする)
■内容紹介
「あなたが知りたいのは、インターネットの小難しいテクノロジーについてだろうか?それとも、インターネットを使って利益を向上させる方法だろうか?あなたの望むものが後者なら、私は自信を持って本書を推薦する。」住 太陽(本書監訳者)
アメリカのベテランインターネットマーケターの手による、Webマーケティングと広告の指南書。
インターネットの技術が日々進歩しているなかで、「インターネットの特長を生かしたマーケティング戦略」をどう考え、どう立案し、どう実行していくか、という現実的かつ実利的な視点から、やさしくわかりやすく解説しています。
本書の特長は以下のようになります。
・インターネットは、広報媒体であり、広告媒体であり、かつ物販を行う店舗にもなるという多面的な性質を持っています。本書ではそれを反映し、SEO/SEMから、ソーシャルメディアやブログ、ポッドキャスティング、ネットラジオ、Web会議、メールマガジン、コミュニティのビジネス活用術、さらにアフィリエイトやPPC広告、コンテクスト(文脈)広告、ショッピングモールなど、幅広いテーマを取り上げています。
・インターネットに関する技術論ではなく、あくまでビジネス視点から活用法を解説しています。
・テーマごとに具体的な成功事例を紹介しています。実際の企業がどのように戦略を立て、どのように実行し、どのような成果を得たかを読むことで、より実践的に自社の戦略を考えられるようになります。
・著者の視点だけでなく、他のマーケターの手によるコラムやアンケートも掲載し、多面的にマーケティングや広報戦略を捉えることができます。
現時点でインターネットで仕掛けうる手法や実行しうるアイデアを網羅的に取り上げることで、Webマーケティングの全貌が掴め、効率的に自社向けのマーケティング戦略の検討/立案/実行が可能になるでしょう。
簡潔かつ実践的、入門書としても活用書としても役立つ、コンサルタント、企業家、企業のマーケティング担当者、学生、投資家、ジャーナリスト、投機家など、「技術に詳しくない人」向けの戦術書です。
『How to Win Sales & Influence Spiders: Boosting Your Business & Buzz on the Web』日本語版。
■著者について
【著者略歴】 Catherine Seda
12年の経験があるインターネットマーケターで、『Entrepreneur』誌のコラムニストであり、『Search Engine Advertising』(New Riders、2004)の著者でもある。彼女は本書で、新規顧客と検索エンジン、そして記者を同時に引き付ける方法を教えている。そのユニークな手法によって、企業家は30日間で事業を最大10万ドルも拡大できる。企業のマーケティング担当者であれば、1か月程度で事業を100万ドルも拡大できる。また講演者としても彼女は、eBay Live!、eBay University、Search Engine Strategies、The DMA Catalog Conference、UC San Diego Extensionなどの主要な教育機関や業界のカンファレンスで実用的なインターネットマーケティングについて話している。現在は、LA College Internationalのインターネットマーケティング学部長。『Entrepreneur』誌の「Net Sales」コラムニストであることに加えて、Catherineは『eBay』誌、『Leader』誌、『Search Engine Watch』、『Yahoo! Small Business Insights』、米国中小企業局の『Small Business Success』などの出版物にも記事を書いている。また、eWeek.com、CNET news.com、eBay Radio、American Public Media's Marketplace、その他のニュースサイトにもよく引用されている。
【監訳者略歴】 住太陽(Motoharu Sumi)
フリーランスのWebプロデューサー、SEOエンジニア、Webマーケター。
雑多な職業を経て1999年にウェブデザイナーとして独立。2001年には国内でいち早くSEOサービスを開始。翌2002年には、現存する国内最古参のSEO情報サイトである「SEO検索エンジン最適化」を開設したほか、日本初のSEO書籍となった「アクスアップのための[SEO]ロボット型検索エンジン最適化」を執筆。これを機に、従来のWebサイト制作事業に加えて執筆活動や講演活動を開始。毎日コミュニケーションズ社「Web Designing」誌での2年9ヶ月に及ぶ連載をはじめとして、各種の雑誌に記事を掲載したほか、自治体、各種団体、企業、学校主催のセミナーでの講演も多数。
2007年には、処女作となる小説「他人の垢」で第19回堺自由都市文学賞を受賞。これが、地方文学賞の先駆けとして知られる同賞では初めての、地元堺市在住者による受賞となったことで調子に乗り、現在は文芸方面での活動も模索中。
【著者略歴】 森本眞吾(Shingo Morimoto)
中央大学法学部、明治大学大学院と長きに渡ってアカデミックな世界に留まるが挫折。ソフトウェア開発会社、某大手商社とその子会社などのプロジェクト

posted by 課長007 at 08:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - モテるサイトは右ナビゲーション?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録