2008年06月17日

日経[号外]17日

なんとも形容しがたい気持ちになりました。


幼女連続誘拐殺人事件の宮崎死刑囚に死刑執行
 法務省は17日、幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)など3人の死刑を執行したと発表した。



以下、追記

鳩山法相、「死に神」報道に反論
 鳩山邦夫法相は20日の閣議後の記者会見で、宮崎勤元死刑囚ら3人の死刑を執行したことに関連し、全国紙のコラムで「死に神」と表現されたことについて「粛々と正義の実現のために自らの責任を果たしている」と述べ、反論した。

 鳩山法相は「人の命を絶つという極刑を実施するのだから、心境は穏やかではない。しかしどんなにつらくても社会正義のためにやらざるを得ない」と心情を吐露。「(宮崎元死刑囚だって)恐ろしい事件を起こしたが、彼にだって人権も人格もある。彼は死に神に連れて行かれたのか。違う。死刑を執行された方々に対する侮辱でもある」と強調した。(12:50)



解説委員室ブログ:NHKブログ | 時論公論 | 時論公論 「少年事件と死刑の判断基準」
【死刑の対象広がる】

<きょうの死刑判決>
最高裁の判断を受けて、きょうの判決も、「被告が父親から暴力を受け、母親が自殺するなど、家庭環境によって精神的に未熟だったことが事件の背景にあるとしても、事件の動機や悪質さを考えると、死刑を避ける特別な事情とは言えない」と指摘しました。
その上で、「死刑を免れるためにウソの弁解をして、反省や謝罪とは程遠い態度で、立ち直ることを願って無期懲役にした1審や2審の期待を裏切った」として、死刑という結論を出しました。

<死刑の対象広がる>
1審と2審が出した無期懲役の判決については、過去の判決に比べて、軽すぎるわけではなく、妥当な判断だと考える専門家も多くいました。
最高裁がかつて死刑の判断基準を示した後に、最高裁で死刑が確定した少年事件は、いずれも殺害された被害者が4人で、年齢も19歳だったからです。
それだけに、最高裁が無期懲役を取り消した上で、死刑が言い渡されたことによって、他の事件の判決にも影響を与え、これまでより死刑の対象が広がることになりそうです。



秋葉原事件も、死刑判決になるんでしょうか・・・


“宮崎勤”を探して
“宮崎勤”を探して芹沢 俊介

雲母書房 2006-12
売り上げランキング : 65934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夢のなか、いまも いじめが終わるとき 引きこもり狩り―アイ・メンタルスクール寮生死亡事件/長田塾裁判 母という暴力 夢のなか―連続幼女殺害事件被告の告白

■BOOKデータベースより
死への衝迫、虚ろの表出。実在と不在の交差する場所で。
■目次:
1 “宮崎勤”を探して
2 証人尋問調書
3 誘拐をめぐって
4 胎内空間とイノセンス
5 居場所はどこにあるか
6 “宮崎勤”と現在
■MARCデータベースより
死刑判決が出るまでの丸7年間、一審を傍聴し続けた著者による、連続幼女誘拐殺人事件とその犯行者である「宮崎勤」をめぐる論考を収録。『朝日ジャーナル』『群像』『毎日新聞』などの掲載に加筆・改稿を加えて単行本化。
■出版社/著者からの内容紹介
「連続幼女誘拐殺人事件」とその被告であった宮崎勤をテーマに据えた評論集。初公判、地裁・最高裁判決などの節目節目に各新聞や雑誌などで発表された論考を全体的に改稿し、さらに「《宮崎勤》と現在」というテーマで書き下ろされた二本の新稿を加えた《宮崎勤》論の決定版。著者の犯罪批評における18年間の集大成であるとともに、酒鬼薔薇聖斗、小林薫、宅間守など、宮崎勤以後混迷を深める現在の状況を一気に射程におさめる。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
芹沢 俊介
評論家。1942年東京生まれ。上智大学経済学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
■抜粋
事件に対し間接的な場所にしかいない人たちが、直接の当事者以上
に、犯人に対し凶暴な感情をむき出しにしている。間接的であるものが直接的であるものを上回って過剰に反応するという現象は、出来事に対しさしむける言葉を見失っているということを物語っている。私にはそのことが、社会に対するねばり強い分析・批判を放棄したことの証拠のように思えてならない。



posted by 課長007 at 12:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]17日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。